2017年日経賞(GⅡ) 特別レース登録馬

2017年日経賞(GⅡ)の特別レース登録馬が発表されています。

連覇を狙うゴールドアクターが1番人気筆頭候補か!?

去年GI勝利はならなかったものの、オールカマー(GⅡ)1着、ジャパンカップ(GI)4着、有馬記念(GI)3着としっかり結果を残しました。

このローテーションを組んだという事は、やはり天皇賞(春)(GI)を目標としているのでしょう。

去年12着に惨敗した借りを返すべく、是が非でも勝ち星を取っておきたいところ。

去年より1kg斤量が軽くなるのも好材料ですね。

対抗として挙げられるのは、去年の皐月賞馬で大阪杯(GI)にも登録しているディーマジェスティ、去年の菊花賞(GI)2着馬で、ジャパンカップでも6着とゴールドアクターに肉薄したレインボーライン、2年振りの制覇を目論むアドマイヤデウス、日経新春杯(GⅡ)2着のシャケトラ、中山記念(GⅡ)6着も、ディセンバーステークス(OP)と中山金杯(GⅢ)に連勝した中山巧者のツクバアズマオー、金鯱賞(GⅡ)4着のナスノセイカン、アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)(GⅡ)3着のミライヘノツバサ、ステイヤーズステークス(GⅡ)と日経新春杯で3着のモンドインテロあたりになるのでは!?

個人的には、4歳勢で斤量55kgの馬に注目したいと思います。

アクションスター
アドマイヤデウス
ゴールドアクター
シャケトラ
ジュンヴァルカン
ショウナンバッハ
ツクバアズマオー
ディーマジェスティ
トーセンレーヴ
ナスノセイカン
フェルメッツァ
プランスペスカ
マイネルサージュ
マイネルメダリスト
ミライヘノツバサ
モンドインテロ
ヤマカツライデン
レインボーライン
レコンダイト

カテゴリー: 日経賞 | タグ: | コメントする

2017年毎日杯(GⅢ) 特別レース登録馬

2017年毎日杯(GⅢ)の特別レース登録馬が発表になっています。

12頭のエントリーだけですが、楽しみな馬が多い印象を受けますね。

まずはきさらぎ賞(GⅢ)2着のサトノアーサー。

3戦して全てのレースで着実に賞金を加算していますし、皐月賞(GI)へこのまま向かってもいいのではないかと思われましたが、今後どういうローテーションが組まれるのか。

賞金的にはダービー(東京優駿)(GI)への出走も問題なさそうですが…!?

そして京成杯(GⅢ)2着のガンサリュート。

父ダノンシャンティも、母父クロフネも毎日杯を制しており、3代に渡っての勝利を目指します。

初勝利まで4戦かかりましたが、7番人気だった京成杯での好走は、一定の評価を得られたのでは!?

登録馬の中で唯一重賞に勝っているトラストは、シンザン記念(GⅢ)4着からの転戦。

札幌2歳ステークス(GⅢ)以来勝ち星から遠ざかっていますが、朝日杯フューチュリティステークス(GI)で5着とするなどキャリアも豊富。

まずはJRA転入後の初勝利が欲しいでしょうね。

他にもシンザン記念で2番人気に支持されたアルアイン、すみれステークス(OP)で1番人気に支持されたキセキ、クロカミの血を引くクリアザトラック、スマートレイアーの半弟プラチナムバレットが一発を狙っているはず。

歴代優勝馬に数々の名馬が名を連ねているだけに、見逃せないレースになると思います。

アドマイヤウイナー
アルアイン
エンドゲーム
ガンサリュート
キセキ
クリアザトラック
サトノアーサー
テイエムヒッタマゲ
デュパルクカズマ
トラスト
プラチナムバレット
モズカッチャン

カテゴリー: 毎日杯 | タグ: | コメントする

2017年大阪杯(GI) 特別レース登録馬

2017年大阪杯(GI)の特別レース登録馬が発表されました。

GIレースとしては第1回を迎える大阪杯。

今まではこの時期に中距離のGIが無かった為にドバイに遠征する馬が多数いましたが、これで無理に遠征する必要はなくなりましたね。

さっそく好メンバーが集結しています。

まずは去年の年度代表馬であるキタサンブラックが、5歳初戦を迎えます。

有馬記念(GI)2着からのぶっつけとなりますが、休み明けのレースはこれまで3戦2勝2着1回と連対率100%を誇る事から、まず問題ないと見ていいでしょう。

総獲得賞金は10億円を突破しており、文句なく現役最強馬。

天皇賞(春)(GI)でサトノダイヤモンドにリベンジする為にも、下手な競馬は出来ないといったところか。

そして去年のクラシックをサトノダイヤモンドと争った2頭が参戦。

ダービー馬のマカヒキは、凱旋門賞(海外GI)から4ヶ月振りのレースとなった京都記念(GⅡ)で3着に敗れてしまいました。

それでも上積みが見込めるでしょうし、再び強さを誇示したいところ。

皐月賞馬のディーマジェスティは、ジャパンカップ(GI)からの休み明け。

正直負け過ぎた感がありますが、この休養でどこまで成長したのか期待されますね。

そして今波に乗っているのがサトノクラウン。

去年の暮れに香港ヴァーズ(海外GI)でGI初タイトルを手にすると、今年初戦の京都記念では連覇を達成。

国内GI初勝利を目論んでいると思います。

他には、金鯱賞(GⅡ)を連覇したヤマカツエース、去年の天皇賞(秋)(GI)上位馬のステファノスとアンビシャス、日経新春杯(GⅡ)を制しているミッキーロケット、小倉大賞典(GⅢ)で重賞2勝目を手にしたマルターズアポジーなどが参戦を予定。

アンビシャスは大阪杯のGⅡ・GI変則連覇を目指します。

アングライフェン
アンビシャス
キタサンブラック
サクラアンプルール
サトノクラウン
スズカデヴィアス
ステファノス
ディサイファ
ディーマジェスティ
マカヒキ
マルターズアポジー
ミッキーロケット
モンドインテロ
ヤマカツエース
ロードヴァンドール

カテゴリー: 大阪杯 | タグ: | コメントする

2017年フラワーカップ(GⅢ) 結果・着順

2017年フラワーカップ(GⅢ)の結果・着順が確定しました。

2番手でレースを進めた1番人気のファンディーナ。

第4コーナーを回りながら早くも先頭に立つと、陰をも踏ませぬ圧倒的な内容で完全勝利!

直線で鞭を使う事もなく、追っていたかも判断に迷うほど。

しかも最後の100mは明らかに流していましたよね。

それでいて2着馬に5馬身差つけている訳ですから、モノが違うとしか言えません。

デビューから3戦して全て単勝オッズ2倍を切る支持を受け、全て勝利。

桜花賞(GI)へのローテーションが少し厳しいですが、参戦してくれるでしょうか?

牝馬3冠を狙える程の逸材だと感じましたし、新たなスターホースの誕生か!?

尚、2番人気から6番人気の馬は馬券に絡めず、2着に8番人気のシーズララバイ、3着に7番人気のドロウアカードが入り、3連複が139.9倍、3連単で365.2倍の万馬券が出ています。

1着ファンディーナ
2着シーズララバイ
3着ドロウアカード
4着エバープリンセス
5着ハナレイムーン
6着ディーパワンサ
7着サンティール
8着トーホウアイレス
9着モリトシラユリ
10着サクレエクスプレス
11着デアレガーロ
12着ブライトムーン
13着ヴィーナスアロー

カテゴリー: フラワーカップ | タグ: | コメントする

2017年スプリングステークス(GⅡ) 結果・着順

2017年スプリングステークス(GⅡ)の結果・着順が確定!

去年の2歳牡馬チャンピオンである1番人気のサトノアレスが4着と、馬券に絡まずの波乱。

このレースを制したのは、5番人気のウインブライトでした。

一昨年の阪神牝馬ステークス(GI)で2着のウインファビラスの全弟が、母サマーエタニティに重賞勝利をプレゼント。

若いステイゴールド産駒も少なくなりますし、亡き父にとっても嬉しい勝ち星。

今年のクラシックを大いに盛り上げてほしいですね。

2着に半馬身差で2番人気のアウトライアーズが入り、結果として去年のひいらぎ賞(500万下)1、2着馬による決着。

ヴィクトワールピサ産駒は今後も期待を抱かせてくれるでしょう。

3着には更に半馬身差で6番人気のプラチナヴォイス。

この上位3頭に皐月賞(GI)への優先出走権が付与されます。

尚、3連単で347.3倍の万馬券が出ています。

1着ウインブライト
2着アウトライアーズ
3着プラチナヴォイス
4着サトノアレス
5着トリコロールブルー
6着エトルディーニュ
7着オールザゴー
8着ストロングレヴィル
9着ダノンケンリュウ
10着モンドキャンノ
11着サウンドテーブル

カテゴリー: スプリングステークス | タグ: | コメントする

2017年阪神大賞典(GⅡ) 結果・着順

2017年阪神大賞典(GⅡ)の結果・着順が確定しました。

去年の有馬記念(GI)以来の出走で、古馬初戦を迎えたサトノダイヤモンド。

単勝オッズ1.1倍と、あわや元返しという圧倒的な人気を集めたわけですが、その人気に違わぬ走りを披露。

7番手でシュヴァルグランを見ながらじっくりレースを進めると、直線は馬場の真ん中から堂々と進出。

残り100mあたりで先頭に立ち、そのままゴールイン。

着差以上の強さが感じられました。

陣営・騎手に多少のプレッシャーがあったかもしれませんが、やはり最優秀3歳牡馬の称号は間違いありませんでしたね。

天皇賞(春)(GI)でも当然の1番人気か!?

2着は2番人気のシュヴァルグラン。

サトノダイヤモンドのすぐ前でレースを進め、直線では先に抜け出しましたが、惜しくも連覇ならず。

安定感は光るものがありますし、ただただ相手が悪かったとしか言い様がないでしょう。

上位2頭は複勝が元返しで、枠連1.4倍、馬連1.4倍、馬単170円という驚異の低配当…

3着に5番人気のトーセンバジルが入りましたが、それでも3連複が4.7倍、3連単で7.4倍と、全て一桁配当に終わっています。

1着サトノダイヤモンド
2着シュヴァルグラン
3着トーセンバジル
4着タマモベストプレイ
5着スピリッツミノル
6着マドリードカフェ
7着ワンアンドオンリー
8着トウシンモンステラ
9着レーヴミストラル
10着ウインスペクトル

カテゴリー: 阪神大賞典 | タグ: | コメントする

2017年ファルコンステークス(GⅢ) 結果・着順

2017年ファルコンステークス(GⅢ)の結果・着順が確定!

ゴール前の大混戦を制したのは、3番人気のコウソクストレート。

後方5番手でレースを進めると、直線で外に持ち出してグングン加速。

出走メンバー最速タイの上がりタイムを計測し、きっちりクビ差捉えたところがゴール板でした。

ヴィクトワールピサ産駒としては、2頭目の重賞勝ち馬。

桜花賞(GI)を制したジュエラーは既に引退しており、今後種牡馬としての価値を上げていく為にも、益々の活躍が期待されるところでしょう。

2着には2番人気のボンセルヴィーソ。

僅かに届かず初重賞タイトルは逃しましたが、賞金を加算出来てホッとしたのでは?

NHKマイルカップ(GI)を大目標にしている可能性が高く、無理のないローテーションが組めるでしょう。

3着には更にクビ差で6番人気のメイソンジュニア。

前からの競馬で早めに抜け出していた分、マークされてしまったか。

それでも初めての1,400mの距離でこれだけ走れたのは収穫だと思います。

展開次第では一発もありそうですね。

4着のダイイチターミナルは、12番人気ながらもコウソクストレートと同タイムの上がり。

京王杯2歳ステークス(GⅡ)で8着、朝日杯フューチュリティステークス(GI)で11着に敗れていましたが、ここにきて復調気配。

休養でリフレッシュ出来たのだとすれば、今後も要注意。

尚、ジュニアカップ(OP)に勝っていた1番人気のナイトバナレットはよもやの11着、4番人気のジョーストリクトリは6着、5番人気のジャッキーは12着に敗れています。

1着コウソクストレート
2着ボンセルヴィーソ
3着メイソンジュニア
4着ダイイチターミナル
5着デスティニーソング
6着ジョーストリクトリ
7着エントリーチケット
8着メイショウオワラ
9着ラニカイサンデー
10着マイネルバールマン
11着ナイトバナレット
12着ジャッキー
13着ライズスクリュー
14着マンカストラップ
15着レジーナフォルテ
16着ラニカイシチー

カテゴリー: ファルコンステークス | タグ: | コメントする

2017年フラワーカップ(GⅢ) 特別レース登録馬

2017年フラワーカップ(GⅢ)の特別レース登録馬が発表になりました。

新馬戦と中京2歳ステークス(OP)に連勝し、デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)と阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)で4着としたディーパワンサがキャリアでは1枚上か。

ディープブリランテ産駒の初重賞勝利に近い1頭として、注目が集まるところでしょう。

ただ、デビューから2連勝しているのはマンハッタンカフェ産駒のデアレガーロ、ディープインパクト産駒のファンディーナも同じ。

新馬勝ちしたウインシャトレーヌや赤松賞(500万下)勝ちのあるコーラルプリンセス、クイーンカップ(GⅢ)5着のハナレイムーン、同8着でフェアリーステークス(GⅢ)3着のモリトシラユリなども、虎視眈々と重賞タイトルを狙っている侮れない存在。

桜花賞(GI)やオークス(優駿牝馬)(GI)、NHKマイルカップ(GI)、いずれを狙うにせよ、賞金加算のチャンスとして大きなレースになると思います。

ウインシャトレーヌ
エバープリンセス
コーラルプリンセス
サクレエクスプレス
サンティール
シーズララバイ
デアレガーロ
ディーパワンサ
ドロウアカード
トーホウアイレス
ハナレイムーン
ファンディーナ
ブライトムーン
モリトシラユリ
ヴィーナスアロー

カテゴリー: フラワーカップ | タグ: | コメントする

2017年スプリングステークス(GⅡ) 特別レース登録馬

2017年スプリングステークス(GⅡ)の特別レース登録馬が発表されています。

去年の朝日杯フューチュリティステークス(GI)の上位2頭がエントリー。

まずは2歳牡馬チャンピオンとなったサトノアレス。

デビュー戦、2戦目は2着に敗れたものの、3戦目で勝ち上がるとベゴニア賞(500万下)、朝日杯フューチュリティステークスと一気の3連勝。

未だ連対率は100%を誇っています。

全兄2頭がオープン級までになっていない点がややマイナスポイントですが、切れる末脚を持っていますし、素質を感じさせますよね。

今年の牡馬クラシック戦線で、皐月賞(GI)が弥生賞(GⅡ)を制したカデナの1強と囁かれる中、2歳牡馬チャンピオンとしての意地を見たいところ。

そして朝日杯フューチュリティステークス2着のモンドキャンノ。

こちらも函館2歳ステークス(GⅢ)2着と京王杯2歳ステークス(GⅡ)1着を併せ、未だ連対率100%。

気掛かりは血統背景でしょうか。

父キンシャサノキセキはまずまずの産駒成績を残していますが、重賞タイトルは全て1,400m以下と父親譲り。

母父もサクラバクシンオーと、スプリントからマイルまでの適性が高そうなだけに、距離面で多少の不安が。

これを払拭出来れば、今後の配合もバリエーションが増えていくと思います。

この2頭に不安要素があるとなると、500万下条件を勝ち上がったアウトライアーズ、ウインブライト、オールザゴー、トリコロールブルーやデビュー勝ちしたストロングレヴィルとナイルストーリー、共同通信杯(GⅢ)2着のエトルディーニュ、きさらぎ賞(GⅢ)4着のプラチナヴォイスなどにもまだまだチャンスはあるはず。

意外と予想は難しいかも!?

アウトライアーズ
ウインブライト
エトルディーニュ
オールザゴー
サウンドテーブル
サトノアレス
サンライズノヴァ
ストロングレヴィル
ダイシンクイント
ダノンケンリュウ
トリコロールブルー
ナイルストーリー
プラチナヴォイス
モンドキャンノ

カテゴリー: スプリングステークス | タグ: | コメントする

2017年阪神大賞典(GⅡ) 特別レース登録馬

2017年阪神大賞典(GⅡ)の特別レース登録馬は以下の通りです。

勝ち馬に天皇賞(春)(GI)の優先出走権が付与される事から、大阪杯(GI)に出走する馬はおそらくエントリーしていないでしょう。

スタミナ自慢の馬が名を連ねた訳ですが、少頭数(10頭)であるのは、やはりサトノダイヤモンドの参戦が影響したのでは!?

デビューから3連勝し、皐月賞(GI)で3着、ダービー(東京優駿)(GI)でハナ差の2着に敗れたものの、秋・冬は神戸新聞杯(GⅡ)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)を制し、見事に最優秀3歳牡馬の称号を獲得。

特に有馬記念でキタサンブラックを退けたレースは、未だ多くの人の記憶に新しいと思います。

正直ここでは負けられないレースになるでしょうね。

対抗は、連覇を狙うシュヴァルグラン。

去年はアルゼンチン共和国杯(GⅡ)も制し、天皇賞(春)とジャパンカップで3着と、飛躍の年になりました。

もう残すところはGIタイトルのみ。

サトノダイヤモンドと斤量差はないので、まさにガチンコ勝負。

もし勝つ様な事があれば、GI馬の称号が見えてくるのでは!?

2014年のダービー馬ワンアンドオンリー、重賞2勝のレーヴミストラルもいますが、まだ完全復活には遠いか…

1強、もしくは2強として取り上げられるレースになるのはほぼ間違いなし!

ウインスペクトル
サトノダイヤモンド
シュヴァルグラン
スピリッツミノル
タマモベストプレイ
トウシンモンステラ
トーセンバジル
マドリードカフェ
レーヴミストラル
ワンアンドオンリー

カテゴリー: 阪神大賞典 | タグ: | コメントする