2017年桜花賞(GI) 結果・着順

2017年桜花賞(GI)の結果・着順が確定!

カワキタエンカが大きく逃げ、ヴゼットジョリーが2番手を追走。

中団前目にソウルスターリングがつけ、その後ろにリスグラシュー、アドマイヤミヤビは後方2番手でレースを進めます。

そして迎えた直線、前2頭が粘る中、迫ってきたのは8番人気のレーヌミノル。

残り200mあたりで先頭に立ち、ソウルスターリングやリスグラシュー、カラクレナイが猛追しますが、最後まで脚を必死に伸ばしてゴールイン。

見事にGI初勝利を成し遂げました。

厩舎にとっても初のGIタイトル奪取。

過去2勝は共に1,200mで距離不安も囁かれる中、阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)3着の力は決してフロックではありませんでしたね。

5着以下もなく、安定した成績を残していましたし、稍重の馬場も有利に働いたかもしれません。

この後オークス(優駿牝馬)(GI)に向かうのか、それともNHKマイルカップ(GI)に向かうのか、注目が集まるところですね。

2着には半馬身差で3番人気のリスグラシュー。

悔しい黒星でしょうが、ソウルスターリングに先着した意義は大きいでしょう。

ハーツクライ産駒ですし、オークス(優駿牝馬)・秋華賞(GI)向きと考えても良いのでは!?

3着に、単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気に支持されたソウルスターリング。

よもやの敗戦にショックは隠せないでしょうね。

直線では勝てるポジションだったと思いますが、内に刺さったか、前の馬が外に寄れたのか…

いずれにせよ、良馬場での競馬がしたかったでしょうね。

4着には7番人気のカラクレナイ、5番人気の6番人気のアエロリットと、リスグラシューから全てクビ差の大混戦。

尚、2番人気のアドマイヤミヤビは12着、4番人気のミスパンテールは16着と2桁着順に終わっています。

1着レーヌミノル
2着リスグラシュー
3着ソウルスターリング
4着カラクレナイ
5着アエロリット
6着ディアドラ
7着カワキタエンカ
8着ライジングリーズン
9着ジューヌエコール
10着ヴゼットジョリー
11着ミスエルテ
12着アドマイヤミヤビ
13着ゴールドケープ
14着アロンザモナ
15着ショーウェイ
16着ミスパンテール
17着ベルカプリ
取消サロニカ

カテゴリー: 桜花賞 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.